スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地植えのフクシアも咲いてます。 

皆さん、こんにちは。植物スタッフの蓬莱です。

今年の春は、ちょっと寒いですね。
先日、お墓参りに行ったのですが、例年ならユキヤナギが満開で、
木全体が、真っ白に花で覆われている頃なのですが、
まだ全然咲いていませんでした。

今日は晴れましたが、朝からすごい風です。
季節の変わり目って感じの空模様です。

さて、今回は南ゾーンの地植えスペースで、
スクスク元気に育っているフクシアを紹介したいと思います。

IMGP8907.jpg

IMGP8908.jpg


フクシア  (アカバナ科)  Fuchsia

その名はドイツの植物学者レオンハルト・フックスに因みます。

「貴婦人の耳飾り」の別名のとおり、
枝先に花をベルのように下向きに咲かせます。

本来は低木で、ご覧のようにブッシュ状に枝葉を茂らせるのですが、
暑さに弱い為、温度管理ができない条件下では大きくするのが難しい植物です。

花粉はハチドリが運ぶことが知られていますが、
映像ではあまり見たことがないので、一度見てみたいです。
きっとすごく絵になるんでしょうね。

英語圏では「フューシャ」と発音するそうです。
ちなみに上の写真は「ベルヴォーイ」という品種です。
八重咲きなので豪華でボリュームがあります。

IMGP8914.jpg

こちらは、ボーダークイーン。
一重咲きなのですっきりした涼しい感じの印象です。

IMGP8899.jpg

これは「ティキ」という品種です。
赤い萼と白い花弁のコントラストが鮮やかでしょう。

IMGP8898.jpg

一重ですが、色がビビッドで元気いっぱいな感じに咲く「ロードバイロン」。
お客様にも「これカワイイ!」と人気です。

IMGP8889.jpg

日が長くなってきたせいか、ハンギング仕立てのフクシアも
元気になってきました。

これからしばらくの間がもっともキレイに咲くので、
皆さまもご来園されましたら、他ではあまり見られない当園のフクシアを
是非、ご贔屓にしていただければと思います。それでは、また。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/tb.php/875-4d0d43a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。