スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉に負けない葉の美しさ!根茎&レックスベゴニアの葉挿し 

こんにちは!花売店の和田です。
今日からいよいよ3連休。

最近、朝夕は時折寒さを感じさえする神戸ですが、
いよいよ紅葉の季節がやってきましたね!
緑色の葉の時は、なんとも思わないのに、色が変わるととても気になるって不思議。

赤や黄色に染まった葉の綺麗さに
ずっと秋がいい!と思ってしまいますが(気候的にも?)そういうわけにもいかないので、

葉の美しさじゃ紅葉にも負けない、
根茎ベゴニア・レックスベゴニアを育ててみるってのは、いかがでしょう?
根茎ベゴニアやレックスベゴニアは、葉がとてもユニークで、色も形も多種多様。
葉挿しで増やす事も出来ます!

実は、今回は「趣味の園芸」で紹介されていたレックスベゴニアの葉挿し方法を
花鳥園風にアレンジして作ってみました!

まず、出来上がりはこちら!
根茎・レックスベゴニアの販売スペースの横に、でで~んと登場!
勝手に「葉挿しポール」と名付けちゃいました!

IMGP0452.jpg


でもこれ、葉っぱを白いシートに貼り付けてるだけじゃないの?
そんなのでどうやって増やすの?

なんて思いますよね?
実は、この白いポールの内側には、とんでもない光景がひろがっているのです!!!!


では、謎めいた?この「葉挿しポール」の制作風景をご覧下さい。

1)金網を切り、筒型になるよう金網を切ります(端は丸めてケガをしないようにします)
IMGP8639.jpg



2)白いシートと金網を針金で固定します。
IMGP8642.jpg



3)金網を丸めて立て、下を大きな植木鉢に固定しました。これで、ポールが完成です。
IMGP8643.jpg



4)根茎・レックスベゴニアの葉をポールにつけていきますが・・・
IMGP8644.jpg
でも、これじゃー、どうやって貼り付けているのか分からないですよね?



ポールの内側は、実はこんな光景になっていたんです。↓
IMGP8651.jpg

IMGP8649.jpg

白いシートに穴を開けて、ベゴニアの葉茎をポールの内側へ差し込み、
内側に固定された水の入った容器に挿しています。

表から見ると、葉が貼り付いているだけですが、ちゃんと葉挿しになっていたのです!!



5)それぞれの葉に、名札をつけていきます。
IMGP8646.jpg


これで、「葉挿しポール」の完成です!
毎日水を取り替えて、根が出るのをまちます。
葉の色・形を楽しみながら、増やす事が出来るってちょっとお得な気分ですよね!

家ではさすがに、こんな大きなポールは邪魔なので、
小さい金網を使って、1枚の葉で写真立て風に作れば、オシャレなのでは?思ってみたり、


また増やした小さな苗を使って、テラリウムを作るのも楽しいですね!
IMGP0485.jpg

IMGP0478.jpg

皆さんも、色々と美しい葉をいかに楽しむか!を考えてみてはいかがでしょう?
素敵なグリーンインテリアに変わるかもしれません。


最後に、今回、葉挿しポールに貼り付けている葉の枚数は、
全部で約25枚。全て品種が異なります!

花鳥園には、これ以外にもまだ沢山の異なる品種の根茎・レックスベゴニアがたくさんあり
今なら、販売苗も多く入荷していますので、是非見に来て下さい!
お待ちしています!

※参考「趣味の園芸」2011年3月号
※展示されている根茎・レックスベゴニアの全ての品種の販売苗が
  あるわけではありませんのでご了承下さい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/tb.php/616-5a930070

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。