スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クジャクバト 

今日はクジャクバトをご紹介いたします。

クジャクバト
クジャクバト 学名:Columba livia 英名:Fantail

立派な尾羽がステキです!
この種類は、かつてイギリスで改良されて作られた種類なんです。
神戸花鳥園では、白一色のクジャクバトを展示しています。

お父さんに
こちらはお父さん(写真左)に向かって、息子が挑戦状を突きつけている様子です。
お父さんは・・・全く気にしていません。凛々しいですね。

2羽
まるで雛人形のお雛さまの様に並んでいます!あんまり可愛かったのでカメラで、撮影した
のですが、タンブラーピジョンの”たすく”君(写真左)は、しあわせな時間を邪魔されて
ご機嫌ななめのようです。

こんなに小さい
こんなふうに、巣箱の中にこっそりはいってますので、こっそりのぞいてみて下さい!

コメント

クジャクバトさん

白一色だし、オオハシやインコたちに比べて控えめな性格をしてるから分かりにくいですが、よくよく見ると面白い子ばかりですよね。
その中でも注目は、やはり「愛に生きる女」ココちゃんでしょうか。
念願の色黒彼氏(笑)との愛の結晶を見せてほしいものです。

kai さま

kai様コメントありがとうございます。
クジャクバトたちは、尾羽を広げてかわいらしく歩いているイメージがありますが、
みんな一日色々な行動をして生活しているようです。
今後が楽しみな「愛に生きる女」ココちゃんと、色黒彼氏たすく君です。
愛の結晶はどうなるかわかりませんが、今後もご注目くださいませ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/tb.php/327-f59e87c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。