スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球根ベゴニアの球根ってどんな球根? 

こんにちは。花売店です!
今日のブログは、お客様とのお話の中で話題を見つけました!
園内でとっても目立つお花「球根ベゴニア」についてです。
球ベゴメインIMGP3523


球根ベゴニアの世話をしている時によくお客様から

「球根ベゴニアっていうからには、球根なんだよね?球根売ってるの?」
「へぇ~!球根!!!やっぱり球根も大きいの??」

と聞かれることがあります。

球根ベゴニアは確かに球根ではありますが、
当園では、生産温室を持つグループ園にて種から育てられています。

そのため、花売店での取り扱いも、球根のみの販売は無く、
花が咲いている鉢の状態での販売となります。

でも確かに「球根ベゴニア」と名が付く以上、どんな球根なんだろうと気になりますよね!
ということで、今日は「球根ベゴニア」の「球根」をご紹介です!

球根ベゴニアは、寒さや乾燥、日照時間など、生育環境が合わない状態になると、
休眠のために球根を作り始めます。
球根をまさに作っている真っ最中の状態がこれです↓
球ベコIMGP3384
まだそんなに大きくはありませんが、太い茎の根元に、ぷっくりと球根が見えていますね!

そして、十分に栄養を蓄えた状態のものがこちら。鉢から掘り上げてみました。
全ての株に球根が出来るわけではなく、大きさも大小さまざま。
球ベゴIMGP3521
写真の一番大きなもので、直径が約55mmほど、厚みが25mmほど。
通常であれば、早春に植え付けます。

さて、次に球根性ベゴニアにも「球根」と名が付きますね。
写真のような、可愛いピンクの小さい花を沢山つける球根性ベゴニア「ピンクシャワー」
ピンクシャワーIMGP3485

この球根を見てみましょう!こんな感じです↓↓
球根性IMGP3391

球根の形が全く違います!
大きなお芋のような球根で、自然と分球しているものも有りますが、
大きな球根を、清潔に切り分けても増やすことができます。

球根ベゴニア、球根性ベゴニアの球根の実物をご覧になりたい方は
花売店に見本をご用意していますので、花売店スタッフに気軽にお声がけ下さいね!
また、各種ベゴニアを取り揃えお客様のご来園をお待ちしております。
※球根だけの販売はしておりませんのでご了承下さい。



さて最後に、今とっても気になっているお花を2つご紹介します!

まずは、ひっそりと誰にも気付かれずに咲いていたベンケイソウ科の「マザーリーフ」
なかなか咲かないと言われているようですが、日に透けるグリーンがとても綺麗で、
まるでマスカットの葡萄のようです。
マザーリーフ全体IMGP3353
下から花をそっとのぞいてみると、均等に並んだオシベがまたとても可愛らしい!
マザーリーフIMGP3379

そして2つ目は根茎性ベゴニア「ナガレボシ」
ライムグリーンの葉の周囲のひだがピンク色に縁取られているオシャレさんです!
流れ星IMGP3408

そして、今まさにつぼみをつけたところです。
流れ星全体IMGP3396

皆さまがお越しになられる時には開花しているかもしれませんね。
ぜひ、花売店に見に来て下さいね!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/tb.php/289-b11717fd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。