スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花と鳥のコラボ植物!?ぬくぬく植物!? 

こんにちは。花売店の和田です。

実は最近、気になる植物があります。
それぞれにちゃんとした名前がありますが、
見た目の印象で勝手に名前をつけてみました(笑)

皆さんも↓ちょっと気になりませんか??

1:「花鳥園ならでは!花と鳥のコラボ!?」植物
2:「ふわふわ、ぬくぬく」植物
3:「大事に大事に守ります」植物
4:おまけクイズ!「これは何の花でしょう?」

では、順番にご紹介していきましょう!

------------------------------------------------------------
1:「花鳥園ならでは!花と鳥のコラボ!?」植物
------------------------------------------------------------

最初は、この花です。名前を

インパチェンス・コンゴレンシス
英名:Congo cockatoo, Parrot plant
学名:Impatiens congolensis
といいます。
IMGP3105.jpg

IMGP3115.jpg

どうして「花鳥園ならでは!花と鳥のコラボ!?」なのかって??
でも、ここですでにピン!ときている方は、なかなか鋭いですね!

英名に「cockatoo」「Parrot」(意味:オウム)とある通り、この花は「オウムの草」などというそうです。
言われてみれば、確かに色カラフルなオウムに似てる??
早速、この「コンゴレンシス」の花に似た鳥が居ないかと園内のオウム・インココーナーを探しに行って来ました!

するとコンゴレンシスに似た鳥が・・・・・居ました!!
IMGP3126.jpg
「コガネメキシコインコ」という名前のインコです。

バードスタッフ&インコたちに協力してもらいようやく実現した、花と鳥のコラボ!
「オウムの草」なのに「インコ」じゃない!と言われてしまいそうですが・・・(--;)
色が似てるから、今回はどうかお許しください m(_ _)m
※少し前になりますが、「コガネメキシコインコ」について詳しくはこちら


では、どんどん行きましょう!次は、
------------------------------------------------------------
2:「ふわふわ、ぬくぬく」植物
------------------------------------------------------------

確実に春に向かっているはずなんですが、まだまだ寒い日が続いていますね。
そんな寒い時でも、なんだかふわふわしていて、ぬくぬくと暖かそうな植物をみつけました!

1つ目はこれ。
IMGP3164.jpg
木立性ベゴニア「ヴェノーサ」
学名:Erect Stemmed Begonia‘venosa'

撮影したのは新芽の部分で、葉がまだ開ききっておらず、なんだか、布のフェルトのようですね!
肉厚な葉の表面全体が、白い産毛のようなもので覆われています。
全体像はこんな感じ↓
IMGP3174.jpg

ちょうど花が咲きました。白の可憐な花ですね。
IMGP3163.jpg


2つ目はこれまた真っ赤な産毛のようなものに覆われ、
さらに名前からして暖かそう・・・いえ、熱そう??
IMGP3198.jpg
レックスベゴニア「ファイアー・フラッシュ」
学名:Begonia×rex-cultorum‘Fire Flush'
これも新芽の部分ですが、触るとふわふわでとても気持ちが良いのです。
また、葉裏は葉脈と葉の周囲が赤く、とても個性的です。

全体像はこんな感じ↓
IMGP3182.jpg
茎にまで、赤い産毛のようなものがびっしりです!

木立性ベゴニア「ヴェノーサ」は、南フロアの正面「ベゴニアづくし」展示に、
レックスベゴニア「ファイアー・フラッシュ」は、花売店にありますので、
花鳥園にお越しの際は、ぜひ見て帰ってくださいね!
※展示場所は変更の場合があります。また、販売苗は完売の場合がありますのでご了承くださいませ。


さて次は
------------------------------------------------------------
3:「大事に大事に守ります」植物
------------------------------------------------------------

植物にとって、花は大事!
つぼみを包み込むようにして大事に大事に守っている花を見つけました!
IMGP3192.jpg
キリタ・ナカコ
学名:Chirita‘Nakako’

実はこのつぼみを大事に大事に包み込んでいる部分は、苞(ほう)と呼ばれる部分で、
このキリタはこの苞がとても発達しているため、一見すると苞が大きなつぼみに見えてしまいます。
IMGP3231.jpg

でも、実際は、中にたくさんのつぼみを隠しているんですね!
中でつぼみが膨らむと同時に苞も少しずつ膨らみ開いていきます。

お越しになられた時には、ぜひキリタの苞を探してみてくださいね。
開きかけの状態はとても神秘的ですよ!


さて最後は皆さんにクエスチョンです!
------------------------------------------------------------
4:おまけクイズ!「これは何の花でしょう?」
------------------------------------------------------------

オシベのふわふわが特徴的ですね!1cmにも満たない小さな花なのですが
一体なんのお花でしょう?
IMGP3223.jpg

正解は、
IMGP3236.jpg
トラディスカンチア 学名:Tradescantia fluminensis のお花でした!

葉裏が薄紫で、花よりも葉の美しさを楽しむ観葉植物ですが、
小さな花もまたかわいらしいですね!
花を見て、よりいっそうトラディスカンチアが好きになった私でした!
※トラディスカンチアのお花は常に咲いているわけではありませんのでご了承下さい。


以上、最後までお読み頂き、ありがとうございました。
今回ご紹介のユニークな植物たちを見に、神戸花鳥園にぜひお越し下さいね!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/tb.php/236-cb60338f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。