スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよクリスマスですね。 

皆さん、こんにちは。
植物スタッフの蓬莱です。

長期予報では、たしか暖冬だと言っていたはずですが、
暖冬どころか激寒の冬になってしまいましたね。

少し寒さが緩んでやれやれですが、
クリスマスを前にして、すでに年明けの寒さです。
皆様も風邪などひかないようにお気をつけ下さい。

さて、いよいよクリスマスシーズンも
あと1週間で終わっちゃいますが、
当園の南フロアのポインセチアは、いまが盛りという感じです。

IMGP0945.jpg

ポインセチア

トウダイグサ科ユーフォルビア属

和名 猩猩木

英名 poinsettia 学名 euphorbia pulcherrima

メキシコ原産で、アメリカの外交官ポインセットが
発見したことに因む。日本には明治初期に渡来。
短日条件で「ほう」が赤く色づく。現在では赤の他、
ピンクやクリーム色など様々な園芸品種がある。

IMGP0942.jpg

この可愛らしいポット苗と比較すれば、
大鉢の木がどれだけ大きいか、
わかっていただけると思いますが、約3メートル程あります。

IMGP0953.jpg

中央の大鉢の右下の椅子の上にあるのが件のポット苗です。

枝が折れやすいので、支柱を立てて補強しています。
よくお客様からも「こんなに大きくなるんですね」と
驚かれます。

IMGP0939.jpg

こちらは、「シナモンスター」という品種。
ほうが、ペールオレンジを基調に濃いオレンジの
霜降りに色づきます。

明るい印象で、赤と並べると引き立ちます。

IMGP0955.jpg

最近ではすっかりお馴染みになった「プリンセチア」。
小ぶりのピンクが可愛いので、女性ファンが多いのも頷けます。

IMGP0959_20121218103133.jpg

その名も「クリスマスフィーリングマーブル」という品種。
クリーム色の「ほう」の中ほどにピンクの斑が程よく入るのが
いい感じです。(この鉢のみ東ゾーンのバードショー会場に
展示しています。)


ポインセチアといえば季節ものという事で、
クリスマスを過ぎれば姿を消してしまうものですが、
当園の展示は、例年どおり来春まで続ける予定です。

来園される際には、冬咲ベゴニアのハートともども、
記念写真の撮影ポイントとして、どうぞご贔屓にして
くださいませ。

スタッフ一同、ご来園をお待ちしております。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/tb.php/1122-174ee157

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。