スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花売店にこんな植物が・・・ 

みなさま、こんにちは。
植物スタッフ 南都です。
気が付けば今日から9月ですね。毎日があっという間に過ぎていきます。
もうすぐ秋ですね。季節の変わり目ですので
みなさまも風邪には十分気を付けてください。

本日、花売店にかなり怪しげな植物が販売されております。
その植物の名は
「イビセラ・ルテア」
科名 ツノゴマ科
属名 イビセラ属
学名 Ibicella lutea

別名を「悪魔の爪」「ユニコーンプランツ」と呼べれています。
P9013439.jpg
花は黄色く綺麗ですね。
どこに悪魔の爪などと異名が付くのでしょうか。
P9013436.jpg
1989年に食虫植物であると認定されました。
葉には粘着性のある液がでており小さな虫を捕らえます。
粘着性の液はやや臭いがあり、
触れたスタッフは
「何!!!この臭い」ていうリアクションです(笑)
この臭いが悪魔の爪の由来でしょうか・・・?
P9013441.jpg
これがこの植物の実の部分です。
この鋭く尖った感じが「ユニコーンプランツ」の由来になった感じですね。
まだまだ、青く若い実ですね。
P9013453.jpg
熟して種が出来ればこのような感じです。
今までの可愛らしさが嘘みたい。
危険な香りがプンプンとしていますね。この爪に引っかかったら痛そうです。
これこそが「悪魔の爪」の由来ですね。

P9013458.jpg
現在、この怪しげな植物をレジ横にて販売中です!!
*トゲには十分にご注意下さい
ぜひ、ご覧下さい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/tb.php/1069-ffa631c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。