スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花売店とぶらり花鳥園の旅 

こんにちは♪スタッフはせべです。
蒸し暑い日が続きますね…干からびそうな毎日を送っているようでしたら
ぜひ、花鳥園に涼みに来て下さい♪

今回は花売店のオススメを紹介します♪

ただいま花売店では
「マザーリーフ」を販売中です。
P8183314.jpg
こやつの葉っぱを雑貨屋さん、花屋さんで見かけたこともあるかと思います(*^_^*)
20度以上の温度を好み、冬の寒さは苦手です。冬は必ず室内へ。
霜があたると、ほぼ確実に枯れてしまいます。
夏の炎天下も嫌うので、明るい半日陰か、
朝から昼まで陽が当たり、午後からは日陰になるような場所に置きます。
日差しが強すぎても、葉が焼けてしまいます。葉っぱを落として、新しい新芽を付けていきます。


maza.jpg
水栽培の場合の水の量は、リーフが水の上に浮きあがらない程度で、
リーフ全体に葉の上面まで満遍なく浸かるように水を入れます。水が減ってきたら、継ぎ足します。
水換えは、リーフを入れてから何日か経ち、皿の周りが汚れてきたり、
水の色が濁ってきたら、リーフ取り出して皿を洗浄して水を入れ直します。


ここからは、花売店を飛び出して花鳥園をさまよってみましょう♪




さて、ここはどこでしょう…?
P8183306.jpg




バイキングの2階からの眺め~♪です:-)
たまに、お客様が多いとバイキングの2階を開放していますが、なかなか見ることは少ないです。


あれ?見覚えのある後ろ姿…。
つばきうしろ


つばき
椿がもう咲いています♪(今は一般のお客様には見えない所で生長中です)



最後にキバナツノゴマ(悪魔の爪)を…!!!

どどん!!!

akumanotume.jpg
実はピクルスにしいただくと珍味とされています。
この実は、表面は硬い棘で覆われたとても硬い果実に変身し、まさに「悪魔の爪」のような細長い形になるとのこと。

P8183322.jpg
葉っぱは虫を捕まえるために粘着質になってます。
そう、この子は…「食虫植物」の仲間です。

P8183323.jpg

可愛らしい黄色の花をつけます♪
食虫植物好きとしては、素敵な出会いをしました。この子もなかなか可愛いと思うのですが、賛同をえられず(>_<)


植物不足を感じた時は、花鳥園においでやすですー(*^_^*)



コメント

キバナツノゴマに一票(何の?)
これは食虫植物好きにも消化システムの特殊化が中途半端なのと見た目が地味なのでなかなか注目されない気の毒な?植物です。
海外では野生化するとのことで栽培が禁止されているところもあると聞きますが、今まで種を播いても発芽に成功したことがありませんv-292

Rufus さんへ

コメントありがとうございます。花がカワイイので結構好きです!

これ、芽が出にくいですよね。蒔いた年じゃなく翌年出たりしますよね。
種を少し切って水を吸わせると出やすい感じです。ただ、腐りやすくもなりますが。。。
是非、今度試してみてください。

ハエトリ

マザーリーフ、何度か栽培したことがあります。でも花が咲くまでには至りませんでした。お願いです、咲かせて見せて下さいませ。

キバナツノゴマは私も賛同します。見た目は食虫植物に見えないんですけど?
この大きそうな(?) 葉を見て、その当時まだ小さかった私は田舎の居間に吊るしてあった”ハエ捕り紙(両面粘着のビニルテープのようなもの)”にくっついて絡まったことがあったのを思いだしました。。。

noriko.s. さま

1票ありがとうございます!!
このベトベトした葉に虫がついているとワクワクしますよね。
現在花売店で苗が販売してますよ~。

マザーリーフ、もうすぐ開花しそうです。咲いたらブログしますのでよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/tb.php/1061-c1b6940d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。