スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビカクシダの胞子栽培 

スイレンゾーンにはビカクシダのワンダエが展示してあるのですが、胞子が取れても播くこと無く捨てられていました。

胞子からワンダエを育てたらどうなるのか!実験したくなったので2010年12月10に育苗トレーに清潔なピートを敷き詰め沢山胞子を播いてみました。

透明のビニール袋に入れて軽く密閉状態にして、時々みずやりを続けました。苔が生えたり別のシダが出てきたりで苗まで育てるのは意外と難しい感じでしたが、1年ぐらいで植え替え出来るサイズに生長しました。

P7183102.jpg

今年の1月頃生長の良い苗を2号のポットに鉢あげして大事に育てていたのですが、放置してあったトレーの方が何故か生長が良いのです。

P7183103.jpg

写真を見てもらえれば分かるように、鉢上げした中で一番生長の良い物でも、トレー放置の物の半分以下のサイズです。
苗が間引かれたせいで生長が良くなったのでしょうかね。今年1月には植え替え出来無いような苗しか無かったので、この急激な生長は何なのか。とてもビックリです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/tb.php/1042-d0ee2249

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。