スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロトンノキ 

こんにちは。植物スタッフの岸本です。

朝晩が寒くて薄手の長そでを3枚着て更に腹巻もして、出勤しています。
それでも寒いので厚手のストールを買いました。リバーシブルで可愛いです。

今回紹介するのは密かに北に2鉢だけ展示しているクロトンです。

PA310064.jpg


トウダイグサ科コディアエウム属
学名 Codiaeum variegatum
英名 croton
別名 ヘンヨウボク、クロトンノキ


原産地は西太平洋諸島~パプワ・ニューギニアで、熱帯性の常緑低木です。
その為寒さには弱く、暑さには強い植物です。越冬は20℃位なので、室内に入れて
冬を越します。

クロトンと呼ばれていますが、クロトン属(ハズ属)とは異なります。
以前クロトン属に分類されていた名残でそう呼ばれるようです。

葉の大きさや色、形に多くの種類があり、100を超す園芸品種があります。
その多様さから「ヘンヨウボク(変葉木)」と呼ばれます。
園芸上は葉の形によって系統分けされ、その系統の下にそれぞれの品種が属します。
系統には広葉系、長葉系、細葉系、ほこ葉系、有角系、飛葉系、らせん葉系などがあります。

PA310062.jpg
PA310059.jpg
花鳥園にあるのは恐らく広葉系と長葉系だと思います。 

花は雄花と雌花が咲きます。1㎝程の小さな花ですが、連なって咲くので
雄花は可愛いです。雌花は地味ですが…

P7110120.jpg
雄花の蕾

P7110119.jpg
雄花

P7110112.jpg
雄花アップ 花火みたいで可愛いです。

P7110125.jpg
雌花の蕾

P7110124.jpg
まだ青い実

クロトンはよく日に当てると葉が綺麗な色が出るみたいです。
雌花の写真も載せたかったのですが咲いてなかったので蕾だけです。
雌花は可愛くないですが、面白いのです。機会があれば雌花の写真また載せたいと
思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。