スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の花だけど秋によく咲くハイビスカス 

皆さんこんにちは。
植物スタッフの蓬莱です。

すっかり涼しくなって、衣替えのシーズンですが、
日中は、まだ個人的には暑くて半袖が心地良いです。

今年は、家の鉢植えのイチジクやブルーベリーがよく出来て、
熟れる度に、もいで食べるのが楽しみです。
梨にブドウ、柿など秋は美味しい果物が食べられるのが
うれしいですよね。

さて、今回とり上げさせていただくのは、
秋を彩るトロピカルフラワー、ハイビスカスです。

IMGP0354.jpg

ハイビスカス

hibiscus アオイ科フヨウ属
原産地 ハワイ諸島、マスカレン諸島

えっ?秋を彩る?ハイビスカスって夏の花じゃないの?

そう思われる方も多いと思いますが、
意外に秋風が吹く頃から、木々が紅葉し始める頃にかけて
綺麗に咲くのですよ!

特に関東以西では、夏が暑すぎるので、
秋、涼風が感じられるようになってからの方が
調子が良いようなんですね。

いくつかお見せしましょう。

IMGP0357.jpg

枝や花が枝垂れ気味に咲くコーラル系の品種。

フウリンブッソウゲの血が入っているらしく、
葉も花もエッジがギザギザしています。
花弁が反り返り、しべも長く垂れ下がるので風に揺れると
風情があります。


IMGP0369.jpg

いかにもハワイアン系(ニュータイプ)!
淡泊ですっきりしたコーラル系と比べて、派手でボッテリした印象。

ハワイで交配された系統で、葉も花も丸みを帯びた感じです。
それにしても派手な配色ですね。夏っぽい!

IMGP0351.jpg

おそらく在来系(オールドタイプ)のピンク。
ハワイアン系よりあっさりしていて、
寒さにも比較的強いといわれています。

写真では色が強く出ていますが、
実物はもう少しやさしい色合いです。

ハイビスカスは、
他の多くのアオイ科の花と同様に、
朝開いて夕方には萎んでしまう一日花なのですが、
秋はなぜか萎まずに、もう一日余分に楽しませてくれる
場合があります。
気温と関係があるのかも知れませんが、
これも秋ならではの楽しみです。

彼岸花も咲き終わり、
ススキの穂が風にゆれる今日このごろですが、
当園のハイビスカスは、
冬知らずで一年中咲いております。

立ち止まって、写真を撮られる方を見かける度に
根強い人気のある花なんだなと思います。

それでは、また。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
●神戸花鳥園 秋の祭典●
9/16(日)~12/2(日)
猛禽マニアックツアー/植物体験教室/川柳コンテスト/花鳥園検定/
秋の音楽祭/ハリスホーク腕のせ/ワンコインミニツアー/バリ舞踊

詳しくはこちら
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。