スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香りのする植物・・・ 

10月になりました!
昼間はまだ少し汗ばむ時もありますが、朝晩は涼しくなってきましたね!

いよいよ!お出かけの季節到来です。

さて、今日は神戸花鳥園にある香りのする植物をご紹介いたします。

一番最初にご紹介しますのは
IMG_2705.jpg


学名:Cananga odorata
科:バンレイシ科
属:イランイランノキ属
種:イランイランノキ

エッセンシャルオイルで「イランイラン」といえば、聞いたことがある名前かと思いますが
おそらく、その花を見ることはあまりないと思います。
黄緑色のヒトデのような細長い花びらの花を蒸留した精油は
官能的な香り」と言われ「シャネルNo.5」の香りにも使われています。
あの華やかなシャネルの香水の瓶からは思いもつかない花ですね。


さて、次の香りのする花は
IMG_2712.jpg

学名:Begonia
科:シュウカイドウ科
属:シュウカイドウ属

誰もがご存知の「木立ベゴニア」です
北ロビーのバードゾーンの入り口付近にあります
テリーナ・エレガンス
薄いピンクの花がたくさん付くこのベゴニアもとても良い香りがします。
担当者いわく、「雌花が香るんです」とのこと。


3番目にご紹介するのは
IMG_2706.jpg

学名:Plectranthus amboinicus(プレクトランサス・アンボイニクス)
科:シソ科
属:プレクトランサス属
流通名:アロマティカス キューバンオレガノ

ミントのようなさわやかな香りが特徴です。
ハーブティーにしてよし、ソーダにするもよし、焼酎やお酒に入れるのもよいそうです。
こちらのアロマティカスは花売店にて販売中です。


★★戸田 今日の一枚★★
IMG_2708.jpg
「私は誰でしょう??」
オレンジ色の綺麗な瞳の持ち主です。
こちらの写真を撮影させてもらった時、猛禽担当の石坂さんよりふくろうの豆知識を伺いました。

<ふくろう豆知識>
「ふくろうの光彩の色でそのふくろうの活動時間がわかるんだよ」
これを聞くまでこの綺麗なオレンジ色しか気にならなかったんですが・・・
長屋門のふくろうたち、顔を見れば黒あり白ありと光彩の色が違うんですよね!
「光彩の色が白なら昼間に活動するふくろう
 オレンジなら朝晩活動するふくろう
 黒なら夜活動するふくろうなんだよ!
ふくろうを見るとき、目の色も見てください
「ほ~君は夜に活動するんだね~」とか見方が少し変わるかもしれませんよ!

この写真は「ベンガルワシミミズクの松」でした。

記事:戸田

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
●神戸花鳥園 秋の祭典●
9/16(日)~12/2(日)
猛禽マニアックツアー/植物体験教室/川柳コンテスト/花鳥園検定/
秋の音楽祭/ハリスホーク腕のせ/ワンコインミニツアー/バリ舞踊

詳しくはこちら
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。