スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インパチエンス・レペンス物語、または「あなたが愛してくれるから、私は生きていける」の巻。 

いらっしゃいませ、こんにちは。

I_rep_01.jpg

私はインパチエンス・レペンス(Impatiens repens)。自分でつけた名前じゃないけど、割と気に入ってるかも。

I_rep_02.jpg

名前のとおり、私はインパチエンスの一種。仲間は沢山いるのよ。

この神戸花鳥園で大きなボールみたいに繁った吊り鉢がたくさんあるアフリカホウセンカ(I. walleriana)姉さんたちや、最近あちこちで展示しているインパチエンス・コンゴレンシス(I. congolensis)兄さん、随分昔に中国からこの国に来たホウセンカ(I. balsamina)先生や、生粋の日本生まれのツリフネソウ(I. textori)おばさまやキツリフネ(I. noli-tangere)君、みんな私の仲間・・・なんだけど、私、人間たちからよく「インパチエンスっぽくない」って言われるの。

I_rep_03.jpg

お花の形は、ツリフネソウおばさまやキツリフネ君そっくりなのにね。

I_rep_04.jpg

私の葉っぱ、可愛いでしょ? 幅1cmくらいで、菱形なの。仲間の葉っぱってみんな縦長でもっと大きいから、こんな小さい葉っぱなのが「インパチエンスっぽくない」って言われちゃう理由の一つ目かしら。

I_rep_05.jpg

もう一つの理由は、多分この茎。仲間たちの茎は斜め上に伸びたりまっすぐ立ったりしてるんだけど、私って、つい横へ横へと伸びちゃうし、地面を見ると近づきたくなっちゃうの。土にくっついたらつい根を生やしちゃうくらいだから、あまり自覚は無いけど、私って土が大好きなのかも。名前の一部の「レペンス(repens)」は、ラテン語っていう言葉で「這いつくばる」って意味なんですって。

このあたりが、多分「インパチエンスっぽくない」って言われちゃうもう一つの理由ね。

I_rep_09.jpg

私は、こう見えても身体は丈夫なほうだから、アフリカホウセンカ姉さん達と同じように面倒を見てくれれば元気にしてるし、挿し木すれば分身が幾らでも殖えるの。普段はあまり花が咲かないから「インパチエンスなのに観葉植物だね」って皮肉を言われちゃったりもするけど、世界中のあちこちの植物園やお庭で可愛がってもらえてるわ。

今、春になって気分が良くて、私はいつもより余計に花を咲かせてみてるの。そしたらね、私の面倒を見てくれてる南都っていう坊やは「何がきっかけでこんなに咲いたのかわからない」って首をひねるし、いつも私の写真を撮りまくってる齋藤っていうキモイヲッサ・・・ゴホンゴホン、ステキなオジサマは「枯れる前兆じゃないだろうか」ってオロオロしてるし・・・ちょっと面白いなぁ、って。

I_rep_06.jpg

私の故郷は、スリランカっていう遠い島国だったの。

どうして「だった」って言うのか、って? 最近どんなに人間たちが頑張ってスリランカで私の野や山を探しても、私の分身が見つからないからなの。お茶畑になってしまったのか、他の作物の畑になってしまったのか、原因は良くわからないけど、スリランカで元々暮らしていた私の分身は、一本残らず枯れてしまったみたい。

つまり、私には、帰る場所が無いの。

I_rep_07.jpg

人間たちは、私みたいな植物を野生絶滅植物っていうむずかしい言葉で呼ぶことがあるの。帰る場所が無いから、人間たちに育てて殖やしてもらわないと生きていけない植物、って意味なんですって。もしも人間たちがみんな私に飽きたり愛想を尽かしたりしてしまって、誰も私を育ててくれなくなったら、私は消えてしまうの。

I_rep_08.jpg

そう、あなたたち人間が私を愛してくれるから、私は生きていけるの。

I_rep_10.jpg

今、私の分身が、高辻おばさまの素敵な手書きポップで飾られて、花売店に並んでいるの。一鉢買ってあなたのお家に連れて帰ってくれたら、人間たちは主に高辻おばさまと齋藤っていうキモイヲッサ・・・ゴホンゴホン、ステキなオジサマが喜ぶわ。

でも、一番うれしいのは、私なの。

スポンサーサイト

ハリスホークたかまるの募る想い 

みなさんこんにちは。
猛禽担当の石坂です。

毎日暖かくてようやく春という感じ。気持ちがいい季節です。
春といえば恋の季節?!花鳥園には今年も片思いを続けている鳥が1羽・・・

ハリスホークのたかまるです。
P1100226.jpg

去年もお伝えした、たかまる
ハリスホークたかまるの片思い

毎日バードショーでも活躍中ですが
P1100172.jpg

不思議な足の動きがわかりますか?


実はこれ、スタッフの腕の上で交尾をしたいんです。
初めは私は何をしたいのかわからず焦りました(・.・;

そしてお気に入りの場所はやっぱりこの屋根の上。
P1100388.jpg

凛々しい顔。
P1100228.jpg

でも独り身・・・


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
神戸花鳥園ゴールデンウィークイベント! 4/28土~5/6月
◎バードショープラス1◎コールダックひざのせ◎エコ鉢作り◎花園コンサート
◎モモイロインコ命名式◎空想の鳥イラスト募集◎手作り体験教室◎バリ舞踊
◎サーカスパフォーマンス◎とんぼ玉作り体験ほか


くわしくは、こちらのページをご覧下さい。
http://www.kamoltd.co.jp/kobe/12gwibentbase.html
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。