スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しくなくてもやっぱり綺麗だゼラニューム! 

皆さん、こんにちは。植物スタッフの蓬莱です。

1ヶ月ぶりに、ここ神戸でもまとまった雨が降って、乾ききった道路や建物が
しっとり濡れているを見て、なんだかほっとしています。これで野菜も少しは安くなるのかな。

先日、gleeのコンサートムービーのDVDを観て1人で若返っています。あれ楽しいですよね。

さて、今回紹介させて頂くのはお馴染みのあの花、ゼラニュームです。

ゼラニューム  

   Pelargonium

   フウロソウ科  南アフリカ原産

   別名テンジクアオイ。高温多湿を嫌うので、乾燥気味に管理しする。


IMGP8746.jpg
当園でゼラニュームといえば、皆さんがまず思い浮かべるのは、ご覧の様なハンギング仕立て
の方だと思いますが、今回はフロアや、地植えの中に展示している鉢や、木鉢に植わっている
スタンドタイプのものを紹介させて頂きます。

IMGP8702.jpg
まずは定番の赤!というか真紅。色んな色がありますが、僕のイメージの中では、
ゼラニュームといえばこの色が浮かびます。雑味のないすっきりした赤。

IMGP8705.jpg
こちらは、柔らかい感じのピンク。不規則に濃いピンクが入ってお洒落な感じ。

IMGP8698.jpg
これはちょっと珍しい朱色と薄ピンクの咲き分けになってます。花によってピンクばかりに
なったり、朱色が優勢になったりで、楽しいです。

IMGP8707.jpg
清楚なホワイト。白といってもアイボリーがかったものや、微かにピンクを感じさせるものも
ありますが、これは純白です。

IMGP8713.jpg
これは鮮やかな濃いピンク。5弁の花びらのうち、上側の2枚の付け根にオレンジ色の部分
があって日が当たったりすると輝いている様に見えたりします。

IMGP8720.jpg
今回のしめはこの花。白と赤の咲き分けですが、白が優勢になることが多いです。花弁のみ
ならず葉もギザギザと切れ込みがはいるモミジ葉で、全体に涼しい印象です。

いかがだったでしょうか。

見慣れた感もあるゼラニュームですが、やっぱり綺麗ですよね。
ヨーロッパではウィンドーボックスには欠かせない定番の花になっているのも頷けます。

他にも違う品種があるので、機会があれば紹介します。

春にはまだ遠いですが、もうしばらく我慢して冬ならではの楽しみを見つけて寒さを
乗り切りましょう。それでは、また。

スポンサーサイト

21土「温かけそば」 22日「味噌ラーメン」 バイキング週替わり麺  

バイキングレストラン華花では
通常メニューに加え、土・日は麺類を追加でお出ししております。


21日(土)は”温かけそば”
kakesoba800.jpg
温かけそばは、トッピングで天かす、ネギ、かまぼこをどうぞ。

 22日(日)は”味噌ラーメン” をご提供します!
ZN4G1220 小
まろやかな味噌ベースのスープに、しこしこつるつるの平麺。
しゃきしゃきのコーンとのハーモニーをお楽しみください。


※麺類の提供は、おひとり様1杯までとさせていただきます。
※当日分の材料がなくなり次第終了いたします。ご了承下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
バイキングレストラン料金
大人(中学生以上) 1,380円
小人(小学生)     800円
幼児(4,5歳)     500円
3歳以下      無 料

※お食事には別途入園料が必要です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆お知らせ☆
節分、バレンタイン、バード、フラワーイベント
「春の神戸花鳥園まつり」
たのしいイベントもりだくさん!詳しくはこちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。