スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボシドリのヒナ 

みなさんこんにちは!

東展示室の小村です。
先日、専門学校時代の後輩の結婚式にいってきました!
先を越されました…(´皿`)(ぎりぎり)

いえいえハッピーなニュースでは神戸花鳥園も負けていませんよ!!

実は10月26日に…
エボシドリのヒナが孵化したのです!!!

系列園の松江フォーゲルパークで産まれたギニアエボシドリの卵を頂き、
こちらで人工孵化させました♪

ちなみに、大人のギニアエボシドリは…
こんな感じ。
↓↓↓

エボシドリ大人
とっても綺麗な鳥ですよね!!頭の冠羽もカッコイイ!
え、この冠羽ってヒナの時からあるの?!

そう…実は私はエボシドリのヒナを見たことがありませんでした…。
一体どんな姿をしているのか、人工育雛をしている獣医さんに聞いてみると

「ぼた餅みたい」

コムラ「なにそれー(・∀・;)!?」

…と、とりあえず、よくわからないので実際に見せてもらいました。笑

エボシヒナ1
「だぁれ?」

か、かわいすぎる!!!

この写真撮影日は11月5日ですので、生後10日目ぐらいですね!
やはりヒナは地味な色をしていますが、お目めはパッチリ☆
そして嘴だけ見てみると、確かにエボシドリの嘴をしている気がします…!

さっそく指をかみかみされてみました。笑

エボシヒナ2
「これ食べれるのー?」

もうずっと噛んでたらいいよ!と思ってしまうほどの可愛さです!!
ちなみに獣医さんから生後3~4日目の写真も頂きました。
↓↓↓

エボシヒナ3
3日目ぐらい↑

エボシヒナ4
4日目ぐらい↑

たった1日で羽の生え方がだいぶ違う気がしますね!

なんとエボシドリのヒナは、孵化したその日から産毛のような羽も生え、目も開いて
いたそうです!
(例えばインコのヒナは、孵化して何日かは羽が生えていないつるつるの体で、
目も開いていません。)

現在エサは、リンゴやメロンをすりつぶして人工育雛用の粉餌と水でねり混ぜたものを
与えています。よく食べ、よく寝て、すくすく育っています。

これだけ成長が早ければ、展示室デビューもそう遠くないかも?!

みなさんもこの子の成長を温かく見守って下さいね(^^)♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。