スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンムリヅルと鳥の趾 

みなさんこんにちは。
中庭池スタッフ西垣です!

本日メインでお話しをするのはこの鳥!

カン004
ホオジロカンムリヅルのカンちゃんです。

2週続けてツルネタですいません^^

神戸花鳥園には1羽しかいないホオジロカンムリヅルですが、
この派手な頭のおかげで、お客様から注目を浴びています
カン006
後ろから見ると何かわかりません!笑
この冠羽が特徴的なので名前の由来にもなっているのですが、
学名ではBalearica regulorumといい、種小名のregulorumは「王子たちの」という意味だそうです。

カンちゃんが王子!ぷぷー

おっと…失礼しました。


ところで
みなさんは、ホオジロカンムリヅルがどういった鳥かご存知ですか??

実は他のツルとは違った特徴がいくつかあります。
その中でも今日はに注目してみようと思います!!

さてさて、ツルが木の上に止まっているのを見たことがありますでしょうか??

カン0010

実はホオジロカンムリヅル、
木の上に止まることができます!
ツルの中で木に止まれるのは、ホオジロカンムリヅルと、近縁のカンムリヅルだけなのです。
カンムリヅルがもっとも原始的な鳥だといわれる由縁です。

ではどうして、カンムリヅルだけ木に止まれるのでしょう??

それはズバリ!足の指にご注目!!

カン001
この後ろ側の指を見てください。
そして、下はツルの仲間、マナヅルの足です。
カン002
お気づきでしょうか??
そうなんです、後ろの指が…長いんです!!
だから木に止まることができるんですね。
地面を蹴りつけて、土の中にいる獲物を飛びださせ捕食することもできます。

ちなみにこのような趾(あしゆび)の形を三前趾足といいます。


鳥の足に注目してみると面白いですね。
ついでにクイズです!誰の足でしょーかっ!

画像にマウスのポインタを当てると答えが出ます。

シロトキ
同じく木に止まるのが得意。

ニジキジ(ニッキー)
木にも止まれるけど走るのが得意。太い!

コクチョウ(エボニー)
水かきがあり泳ぐのが得意。

クロエリセイタカシギ
小さな水かきがあるけど泳ぐのは得意じゃない。

モモイロインコ(リンゴ)
物を掴むのが得意!


わかりましたか?


ぜひ他の鳥の足にも注目してみてくださいね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。