スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマン派のピアノ曲 佐藤亜美 

111002hanazono_01.jpg
本日、北ロビーで第119回花園コンサートが行われました。
演奏者は神戸花鳥園ですっかりお馴染みの佐藤亜美さん。
ショパンのノクターン第2番でコンサートはスタートしました。


111002hanazono_02.jpg
いつもながらの美しい音色を花に囲まれた会場に響かせてくれました。
今回のプログラムではドビュッシーを4曲も披露してくれた佐藤さん。
佐藤さん曰く「ドビュッシーの音楽は、身の回りにある自然の美しさが感じられて、そこが魅力的です」ということでした。


111002hanazono_03.jpg
佐藤 亜美 プロフィール
フランス国立オーベルヴィリエ・ラ・クールヌーヴ音楽院
ディプロムコース・ピアノ科および室内楽科をプルミエ・プリ(一等賞)を得て卒業後、同校Perfectionnement課程を修了。
フランス音楽教育課程DEMを優秀な成績で修める。
在学中よりパリを中心にソロや室内楽、協奏曲コンクール優勝をきっかけに
フランスにてオーケストラと共演の連続公演に参加するなど、
多くの演奏会・音楽祭に出演する。
'08年に帰国し、翌年に大阪・滋賀にて初のソロ・リサイタルを開催。
現在、関西を拠点に活動を行っている。


111002hanazono_05.jpg
ドビュッシーを中心に、ロマン派の美しい曲を集めての花園コンサートに
会場のお客様もゆっくりと聞き入っていらっしゃいました。


みなさま、ごめんなさい。
今回は、事情により、動画がありません。
申し訳ございません。



次回予告
10月9日 日曜日 ①12:00 ②14:00
ピアノ独奏 木原佳美

次回もまた花園コンサートでお会いしましょう。
どうぞ、お楽しみに。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。