スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情熱の秋!?~パッションフルーツジュース試作~ 

ふと学生時代の事を思い出してみると
緑化と言うものに対して論文を書こうか
迷っていた時期があった記憶があります。
大学の校庭に緑化ブロックを埋め込んで
植生により温度変化を調べていました。

皆さんこんにちは。
神戸花鳥園の奥田です。
ヽ(・∀・)ノ コンニチハ

花屋根
こちらは富士花鳥園の屋上緑化・・・
いや、これは屋上ベゴニア化でしょうか(笑)
(この写真は数年前の物で現在は行っていません)

神戸花鳥園に東フロアにも緑化(?)されている箇所があります。
RIMG0325.jpg
まずはこちらの写真をご覧ください。
東フロアのバードショー会場です。
完全にバードショー会場の舞台を緑化していますね。
舞台を覆っているこの植物は・・・!?

この植物はパッションフルーツです。
科名:トケイソウ科
学名:Passiflora edulis Sims
原産国:ブラジル

RIMG0322.jpg
こちらは同じく東フロアのオオハシゾーン入口ですが
こちらもネットをこれでもかってくらいに覆ってますよね。
こんなにも成長が早いとは思いませんでした(汗)
これも言いようによっては・・・壁面緑化!?

2011041914210136ds_20110929152039.jpg
パッションフルーツの花。
なんだか想像してたのと全く違いました。
幻想的と言うか・・・妖艶!?(笑)

RIMG0319.jpg
花が咲き終わって少し実が出来てますね。

RIMG0321.jpg
実は子供の握りこぶしくらいの大きさです。
色がまだ緑色なので収穫には少し早いです。

RIMG0323.jpg
この色になれば収穫OKのサイン。
今回はこの実をジュースにしたいと思います。

RIMG0298のコピー
収穫できたのは合計8個。
収穫して何日か経過してしわが出てきたら
中が完全に熟しています。
(写真では右の方が熟しています)

RIMG0300のコピー
資料を見ながらパッションフルーツジュース作り開始!
まずは中身をぱっくり切ってみました。
うーん・・・
なんとも見た目は美味しそうではないですね。

RIMG0303のコピー
1個から15㏄くらいしか取れないらしいです。
今回は5個使用したので約75㏄が取れました。
これを水と砂糖を1:1で割ったシロップで薄めるとの事。
完成したのをスタッフで試飲してみました。

ごくごく・・・

  _, ._
(;゚ Д゚)

奥田「甘いぃぃぃぃぃぃ!!!」

さすがの甘党の私でもこれは飲めませんでした(笑)
でもしっかりとパッションフルーツの味はしてました。

RIMG0308のコピー
また大量に収穫した時には第2号を作ってみて
いつの日か喫茶で販売できる日が来ますように。

では☆

スポンサーサイト

ペンギンの巣づくり ~頑張れワサビ君~ 

みなさーん!こんにちは!!
最近、ついに話題のスマートフォンに乗り換えて、
毎日この電話と格闘しております。どうも なかにしです!!

さて、今回は前回に引き続きペンギンのネタです!!
今回の主役はケープペンギンのワサビ君!!
ワサビ
ワサビ『こんにちは!!』
ワサビは左の翼(フリッパー)部分にと白のリングをつけています!
そしてワサビの奥さんはサヤカちゃん!!

このワサビ君最近巣材運びに夢中なんです!!
家
↑こちらワサビとサヤカの家ですが、
みなさんわかりますか?
何か飛び出しているのが…(笑)

これ実はワサビ君がどこからともなく運んできた巣材なんです!!

運ぶ
ワサビ『えっさ!ほいっさ~!!』

動画も撮れたのでどうぞ!!

ちょっと運びにくそうです…(笑)

家2
↑そして巣材がでか過ぎるのか、ほとんどはみ出しています…(笑)
ワサビ君!大きさ考えようね~!!(笑)

みなさんも神戸花鳥園にこられた際はワサビ君にも注目してみて下さいね!!!

(※ワサビ君の巣材運びは夕方家に戻った時にしか見ることはできません!!
そして毎日運んでいるわけではないので予めご了承ください!!)


ワサビ2
ワサビ『来てね~!!』

こども環境フォーラム親子写真展 10/1土~10/10月 

9月10日に当園でこども環境フォーラムによる「親子ラーニング」という
撮影会が行われました。

ZN4G9694のコピー
親子で花と鳥の生態について学び、プロのカメラマンにアドバイスを受けて写真撮影。
その日に、プリントアウトしてみんなで品評会するというものでした。

ZN4G9706のコピー
ZN4G9717のコピー
撮影する子供たちの表情は真剣そのもの。
一眼レフでは、シーンに合わせてレンズを交換したり、
モニターを見て細かくチェックしていました。
私も作品を見させてもらったのですが、素敵な作品ばかり。

その写真の展示会が、神戸花鳥園で開催されます。
みなさま、ぜひお越しくださいませ。

ZN4G9703のコピー

そして、みなさまもカメラを持って花や鳥を撮影してみてくださいね。
きっといつもにはない、素敵な写真が撮れると思いますよ。


「親子ラーニング写真展」10月1日(土)~10月10日(月)
神戸花鳥園の長屋門内で展示します。

※この展示の観覧には、別途入園料が必要です。

そっくりだけど違うんです、の巻。 

当園公式Facebookページ担当の齋藤です。

当園の数多くの吊り鉢展示の植物の中で、
炎のように赤く細長い花をたくさん咲かせている植物があります。

col01_overall.jpg
イワタバコ科のコルムネア(Columnea spp.)です。
中南米の熱帯雨林に約200種が分布し、木立のものや着生するものなど形態は様々ですが、
上の写真のように枝が垂れ下がりながら赤い管状の花を咲かせる一群が最も育種・普及が進んでおり、
吊り鉢によく用いられています。


しかし、イワタバコ科で吊り鉢展示の赤い花は、当園にはもう一種類あるのです。

aes01_overall.jpg
東南アジア原産のエスキナンタス(Aeschynanthus spp.)です。
原種は約190種で、コルムネアと同様に枝が垂れ下がるものがほとんどで、
花が細長く一般的には赤色なところまでコルムネアにそっくりです。



でも、ポイントさえつかめば、ちゃんと見分けられます。


まず、コルムネアを見てみましょう。

col03_leaves.jpg
葉は比較的緑色が濃く、葉脈がはっきりとくぼんで見えます。

col02_corolla.jpg
赤い花冠の表面には産毛が生えていて、

col04_calyx.jpg
花冠の付け根にある蕚は5枚に分かれ、長く伸びます。



次に、エスキナンタスを見てみましょう。

aes03_leaves.jpg
葉はやや色が明るく、葉脈は中央の主脈がうっすら見える程度です。

aes02_corolla.jpg
花冠の表面には目立った毛は無く、

aes04_calyx.jpg
蕚は筒状になります。



見づらい写真で恐縮ですが、おわかりいただけたでしょうか?


同じイワタバコ科植物とはいえ、
遠く離れたアジアとアメリカにどうして似たような姿になったのか、
完全には解明されていません。
一説には、熱帯雨林の中で苔むした岩や大木の幹などにへばりついて育ち、
ハチドリやミツスイなど花の蜜を吸う小鳥に花粉を媒介してもらうように進化した結果だ、
と言われています。


何となく眺めただけでは同じに見える花も、
幾つかのポイントを踏まえて観察すると、多種多様な姿を見せてくれます。
そのような発見の喜びをお客様と共有する為に、
当園はいつでも皆様のお越しをお待ちしております。

マナヅル ナコちゃんの水浴び 

みなさん、こんにちはー!

中庭池担当の長嶋です。

本格的に秋らしくなってきました。
もうじき野生のカモたちがくるかなと楽しみです。

さて、今回の話題はマナヅルのナコちゃんです。

IMGP0862.jpg
ナコ:「こんにちは」

タイトルにもあった水浴びをしているところを動画・・・・ではなく写真で撮れたので紹介します。(笑)

ナコちゃんの水浴びですが、私はまだ2回しか見たことがないです。

そこまで水浴びが好きではないか、それか私が見てない時間帯に水浴びをしているのかわかりませんが・・。

IMGP0801.jpg
IMGP0806.jpg
IMGP0827.jpg
IMGP0819.jpg
「あぁ~、さっぱりしたー!」

こんな感じのものが撮れました。

久々だったのかとても気持ち良さそうに水浴びしてました。

ちなみにもう一羽のカズオはナコちゃんより少し激しく水浴びをします。

次は動画を撮ってみなさんにも紹介したいです。

そのときまで待っててくださいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。