スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩く姿はユリの花 ~ユリの球根は今・・・?~ 

こんにちは!花売店です♪


北フロアでは、グループ園の加茂花菖蒲園からやってきた
花菖蒲の展示がパワーアップしました!

IMGP4572.jpg

IMGP4575.jpg

ちょっぴり蒸し暑い日もある今日この頃ですが、アジサイ展と合わせて
花菖蒲もお楽しみくださいね!



さて今日は、タイトルにもあるように
美しい女性を形容した言葉にもなるほど美しい「ユリ」について、

IMGP4554.jpg

IMGP4569.jpg

IMGP4571.jpg

前々から気になっていた“あること”を確かめてみました!

そう、その“あること”とは、
「ユリの球根は土の中でどうなっているのか?」
というとってもシンプルなことです。
IMGP4556.jpg


ユリの球根を植えつける際、
ユリは球根の下と上に根っこができるので、深めに植えましょう~というのは
よく言われることですよね。

「へぇ~、そうなのか。じゃあ言われるとおりに深めに植えよう!」
と皆様も深めに植えてらっしゃると思います。

でも実際、じっくり見たことあったっけ?
上と下に根が出てる姿ってどんなの??

そんな好奇心の虫を抑えきれずに・・・・皆様を代表して
花終わり直後を掘りあげ、水で洗ってみました。

それがコレです!
IMGP4564.jpg

って、勢いよく載せたものの分かりにくいですね・・・(汗)
なので、今年お花をつけていない小さな株ですが、こちらの方を見てみましょう。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
IMGP4559.jpg

小さいながらも構造が良く分かっていただけると思います。

球根の下の根で茎を支えながら、上根で水分を吸い上げていくと言われており
どちらもユリにとっては大事な根ですから、上根のためにはやはり深めに植えることが必要ってことですね!
なるほど、納得!

ちなみに、開花中は球根の栄養が全てお花にいくため、球根はとっても小さくなります。
来年また綺麗なユリを楽しむためには、花後、球根に栄養を送り込まなくてはなりません!

そのために、お花終わり後は花のすぐ下から切り取り、種子をつけさせないようにしてください。

そして、葉を残した状態で肥料(お礼肥えといわれますね!)を与え、
葉が枯れるまで約2ヶ月ほど水遣りをしてしっかりと球根に栄養を届けてあげてくださいね!



それでは、アジサイ、花菖蒲、ユリと季節展示盛りだくさんの花鳥園にて
皆様のお越しをお待ちしています!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。