スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香りの主を探せ! 

こんにちは!花売店の和田です!
ここ数日は寒い日もありましたが、確実に春の暖かさを感じられるようになって来ましたね。
桜の開花には、まだしばらくかかりそうですが、花鳥園では、毎日お花が満開です!

一足先に、花鳥園でオリジナルスイーツ&ティーのお花見でもいかがでしょう?
南IMGP3340



さてさて、明日は「啓蟄の日」。
冬に土の中で過ごしていた虫たちが、春の気配に誘われて地上に這い出てくる季節になったということですね!
今回は、啓蟄の日にちなんで?虫になった気分で、園内の香りのする花を探して見ました。
題して「香りの主を探せ!」

まず1つ目は、何やら南ベゴニアロビーの喫茶前のあたりで、ほわりと甘い優しい香りが広がっています!
香りの主は、木立性ベゴニア「ジムワイツェン」
ずっとその場に居たくなる様な香りですよ♪
木立IMGP3283

次は、スイレン池への入り口付近から、やや爽やかな甘い香りが!
この香りの主はブルグマンシアの「cuba」。
エンジェルストランペットの名前でよく知られている植物ですが、芳香性のある種もあります。
ブルグMGP3277

そのまま、誘われるようにスイレン池へ向かうと、香水のような上品な香りが!
熱帯性スイレンの多くは香りを持っているそうですが、担当イチオシは熱帯性スイレン「コロラタ」。
確かにとても上品な香り!担当曰く「キレイなお姉さんの香り!」だそうで…でも納得!?(笑)
コロラタIMGP3290

次にスイレン池を進み、たどり着いたのは北ロビー。
ここにも、香りのする花・・・ならぬ、香りのする葉を発見!
花鳥園オリジナルケーキにもなっている「アロマティカス」!
葉に触れると爽やかな甘い香りがしますね。
アロマIMGP3295

さて次は、秘蔵っ子!球根ベゴニアのハンギングタイプ。
多くの球根ベゴニアは香りを持っていませんが、中には香りをもつものもあります。
とてもフルーティーな香りがしますよ!
ハンベゴIMGP3321

また、もう一つは「ヘリオトロープ」と言われるハーブの一種です。
香水の原料にもなっているそうで、まさに香水のような香りが周囲に広がります!
5mmほどの小さな花を一度にたくさんつけてくれます。
ヘリオトロープIMGP3328


花鳥園には、他にも香りのするお花がたくさんあり、
どの花が香っているのかを特定するのが難しいくらい園内は花の香りでいっぱいです!
ご来園の際には、香りの主を探してみるのも面白いですよ。

ネットで香りをお伝え出来ないのが、なんとも悔しい限りですが、
花の香りいっぱいの花鳥園に、一足早く春を感じにお越し下さいませ!

※今回ご紹介している花の香りは、時期や時間帯、花の状態によって香りが感じられない場合がありますので
 ご了承下さいませ。



さて最後になりますが、展示中の洋椿が見事な花を咲かせてくれています。
このツバキの名前は「バレンタインデー」
ホワイトデーには花鳥園デートでお返し♪なんてのもお洒落かも!?
椿VDIMGP3315



3月15日で神戸花鳥園は5周年を迎えることとなりました。

色々なイベントもご用意していますので、これからもよろしくお願い致します!
ますます目が離せないっ!→5周年記念イベント詳細はこちら


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。