スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中池の水鳥~トキ・シギ編~ 

皆さんこんにちは中庭池担当の森本です。
前回中庭池の鳥達でカモを紹介いたしました。今回はトキとシギを御紹介したいと思います。

まずはこちら↓

2010_0722いろいろ0026
折れそうなほど細い足に細くとんがった嘴(くちばし)、そしてつぶらな瞳の
クロエリセイタカシギです。もともとはアメリカに生息していた鳥です。日本でも奈良や
京都で見ることができます。中庭池では普段仲間と集まって日の当たるところで日光浴を
しています。

P1060670.jpg
良く人に馴れているので餌を持って行くとヒョコヒョコと歩いて来て餌をねだる
かわいい子たちです。

次はショウジョウトキです。

P2160727.jpg
まるで作ったかのような真っ赤な体色をしています。数は少ないですが遠くからでも目に
つく子です。この子も人に馴れているので餌を持っていると、ドンドン近づいてきて
ごはんをもらおうとします、中には餌のカップごと持って行ってしまうちょっと欲張りな
子もいます。

こちらはシロトキです。

P2160733.jpg
ショウジョウトキと同じ大きさですが色は名前の通り白色です、ただ繁殖時期になると顔が
真っ赤になります。

P2160732.jpg
こちらの写真の中にシロトキと黒い色をしたトキがいますがこれは去年生まれたシロトキの
子供です。シロトキもショウジョウトキも子供の内は羽が黒く少しづつ赤や白に変わって
いきます。よく子供の内は羽が黒いんですよと言うと『ならあれが子供ですか?』とクロエ
リセイタカシギを指さされることがあります(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。