スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中庭池大清掃 水辺の鳥たちの様子 

みなさまこんにちは。
先日の14、15日の二日間、当園の中庭池の大清掃を行いました。
その間、このエリアには入っていただくことが出来ず、
ご来園下さったお客様には、大変ご迷惑をお掛けいたしました。
代わりといってはなんですが、その時の、中庭池の普段見られない風景をご覧下さい。

P1050657.jpg
↑普段の中庭池はこんな感じです。

4AFT3467のコピー
清掃のため、池の水を抜きます。水位が下がり浅瀬になってしまいました。

4AFT3430のコピー
しかし、クロエリセイタカシギ(学名:Himantopus mexicanus)をはじめ、水辺、干潟など
で生息している鳥なので、ある意味、本来に近い環境に喜んでいる様子です。

turu.jpg
ホオジロカンムリヅル(学名:Balearica regulorum)
こちらも水辺の鳥の特徴である、長い足をしていますね。
普段は島の中にいることがほとんどですが、この時ばかりは浅瀬に降りています。

siro.jpg
シロトキ(学名:Eudocimus albus)
長い足を生かして浅瀬を歩いています。長いくちばしでごはんをさがしていますね。
普段の池の深さでは、こうはいかないはずです。

syoujyou2.jpg
真っ赤な体のショウジョウトキ(学名:Eudocimus ruber)とクロエリセイタカシギ

4AFT3490のコピー
逆に、テンション低めなのは、普段水面を優雅に泳ぐ水鳥たち。
みんな島に上がってじっとしている様子です。

4AFT3487のコピー
コクチョウ(学名:Cygnus atratus)はこの水位にちょっとびっくりしているようです。
右の木の幹に苔(こけ)がついています。これが普段の水位だったんですね。

sigi.jpg
この日は大雪でしたが、清掃は続けられました。

4AFT3447のコピー
「テンションがあがる~。またやってよ!」
また、次の池の掃除のときにね。掃除かなり大変なんだから!

ZN4G4559のコピー
池はまた元にもどりました。綺麗になった中庭池を観に来てくださいね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。