スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンジー・ビオラ 

みなさま、こんにちは。
本日、北フクシアゾーンからは
「パンジー」「ビオラ」
を紹介させて頂きます。

共にスミレ属スミレ科の植物でよく冬に町中で花壇などに植えられていますね。
学名 Viola×Wittrockiana
「Wittrockiana」とはスウェーデンの植物学者ウィットロック氏にちなんで名付けられました。

比較的寒さには強く、暑さには弱いため冬から春にかけて楽しんで頂けます。
パンジー (1)
パンジー (3)
パンジー (4)

パンジーやビオラをハンギングにしてみるとこんな感じになります。
パンジー
お客様の目線の高さでパンジー・ビオラのハンギングを吊ってありますので、是非ゆっくりご覧下さい。

パンジーと言う名前はフランス語の「パンセ」(考える)という意味で、花の形や姿が考え込んでる人の姿
に似ている事から命名されました。パンジーとビオラは一般的には花の大きさで区別されていますが、
明確には決まっておらず、交配が進み曖昧になってきています。

パンジー (2)
パンジーやビオラは色が豊富でフクシアでは表現できない黄色や青色が入り、
北フクシアゾーンがカラフルに感じますね。
ぜひ、皆様もご覧になって下さい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。