スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花の生長過程 

すっかり夜は寒くなりましたね~

でも昼も涼しくて過ごしやすい季節になりました。

今回は当園で吊られているハンギングベゴニアの生長過程を

ご紹介したいと思います。

PICT1537.jpg

残念ながら種の写真はありませんが、種を播いてから2週間ほどの写真です。

ちなみに球根ベゴニアの種は受粉させてから約1ヶ月ほどで採取できます。

PICT1542.jpg

少しですが芽が出始めました。

見づらくて申し訳ありません。

PICT1539.jpg

芽が密集しすぎると生長を阻害してしまうので、離して植え直してあげます。

PICT1540.jpg

もう少し生長したらこのようにポットに植え付けをしていきます。

上の写真で大体種を播いてから2ヶ月間ほどです。

PICT1545.jpg

そして半年ほど経ちますと、この様に立派な球根ベゴニアになります。

このような苗は当園の花売店でお買い求めいただけます。

PICT1538.jpg

そして上の写真の様にハンギング鉢に仕立てて出来上がりです。

しかしまだ小さいので、堂々とお見せできるようなものではありません。

これで種を播いてから大体9ヶ月ほどです。

鉢が見えないぐらい生長したハンギングベゴニアもありますが、

当園にご来園された時にご自身の目でお確かめいただけたら幸いです。

きっと感動すると思いますよ。

スタッフ一同皆様のご来園心よりお待ちしております。


スポンサーサイト

喫茶通信vol.3 アロマティカスティー 

みなさん幼少の頃にサツマイモ堀りしませんでしたか?
私はイモよりもツルを甘辛く煮た方が好きです。
神戸の人はサツマイモのツルを食べたりするのかな?

今日10月13日はサツマイモの日だそうです。

皆さんこんにちは。
神戸花鳥園の奥田です。
ヽ(・∀・)ノ コンニチハ

aromatea800.jpg
10月から喫茶に花茶やケーキの新メニューが続々登場する中
先月発売開始したアロマティカスソーダ(ブログはこちら)が好評でしたが
これから寒くなる時期にぴったしの
『アロマティカスティー』が発売開始になります!!!

作り方も簡単です。アロマティカスの葉っぱをコップに入れて
お湯を注ぐだけとシンプル。
少し葉をつぶしたりすると香りと味がより出ます。

前回のアロマティカスソーダでも発見しましたが
今回のアロマティカスティーにハチミツを入れてみました。
ハチミツの甘さの中にアロマティカスのほのかな香りと味がして
甘党の私としても、とても飲みやすかったです。
ヽ(・∀・)ノアマーイ

ZN4G0624のコピー
アロマティカスソーダ、アロマティカスティーは
400円で販売しています。
それでは喫茶でお待ちしています。

では☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。