スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクシア御意見箱PAR・3 

みなさんこんにちは♪
P1050393.jpg
9月も半ばだというのにまだまだ暑い日が続きますね!!
P1050538.jpg
花鳥園は涼しいですが外はまだまだ夏モード!威勢のよい日差しにフクシアもお手上げです!
しか~し!!!そんな暑さももう少しの辛抱です!今日も元気にフクシアブログはじめます!

さて本日は北フクシアゾーンに設置しているフクシアご意見箱に届いた
一通のお便りを紹介したいと思います♪♪
お便りを下さったのはペンネームKUROさん☆ありがとうございます☆
P1050523.jpg
☆☆☆☆お便りの内容はこんな感じ☆☆☆☆
『街で購入したフクシアに花が咲きません。
枯れる時もあります。育て方を紹介して下さい。』
   
というものでした☆

何度かトライしているようですがどうやら毎回上手く育たないみたいですね。
まず枯れてしまう原因として検討できるのはなんといっても『暑さ』です。
一般の園芸店でフクシアが販売されるのはフクシアの開花期である5~6月の初夏ですが
フクシアにとって6月後半からはとても苦手な時期になります。
5・6月に売り出されるフクシアはよく夏の花だと認識されがちですがそれが大きな落とし穴です。
フクシアには暑さにとても弱いので直射日光の当たる場所や通風の無い場所は命取りなのです!
↓ちなみに★花鳥園では元気のない株・小さな株は夏場2階で養生させてます↓
P1050536.jpg
次に枯れてしまう原因として考えられるのは『植え替え』です。
元気の良いフクシアを園芸店で購入したので早く大きくしてやりたいと思い
大き目の鉢にがさがさと植え替えてしまうとフクシアは急激に元気をなくす事でしょう。
大きな鉢に植え替えるということは土の量が増え→潅水時の水の量が増え→結果的に根腐れ
というパターンも考えられます。また、ポットで販売されているようなフクシアの根は
ヒゲのようにとても細かいので切れてしまうと大きなダメージです。
ですから購入した際のフクシアは涼しくなるまでそのままの状態で(少し惜しい気もしますが!)
涼しい室内でそっと養生して夏越ししてやるのがベストの策といえるでしょう。
↓ちなみに★一般の園芸店で購入したフクシアでも植え替えが成功すればこうなります↓
P1050533.jpg

花が咲かない原因として考えられるのはフクシアにとって住環境が整っていないからだと思います。
主な原因として暑い・害虫・日光不足・肥料過多/不足といった事が考えられます。
しかし、株を生きながらえさせるために涼しいところに置いてやろうとすると日光不足の問題が発生しますし
暑くてしんどい時に肥料をやってしまうと逆効果になってしまうこともあります。
株にとって一番ストレスのかからないことは何かを考えてやる事が最優先だと思います。

涼しくなるにつれ花売店のフクシアも充実してきました♪
P1050554.jpg

P1050553.jpg
もうそろそろフクシアにとっても私たちにとっても気持ちのよい季節が到来します☆
あと少し暑い夏を元気にのりきりましょう☆
                                       いそむら     

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。